ダンマバーヌ(ダンマの暁光の意)

日本ヴィパッサナー瞑想センター、ダンマバーヌの土地は1989年1月に購入されました。ダンマバーヌは、京都、丹波の静かな山の中に位置しています。大阪、京都、神戸といった関西の大きな都市の中心から約1、2時間で行くことができます。

 

日本における土地の値段はとても高く、まず始めに1エーカーの3分の2にあたる土地が購入されました。そして、1991年1月に段差のある2分の1 エーカー分の土地が追加されました。センター建築には様々な国からの瞑想者たちがあたり、4ヵ月程の短い期間に外から専門職人の手助けをほとんど借りずに 約70人を収容することのできる施設を作りあげました。この建築第一期において、二階建てで外壁に杉を使った大きな建物が作られました。この中にはダンマ ホールと男性、女性の宿泊施設が作られ、これとは別に台所、食堂棟が建てられました。1990年春から始まった土地の造園計画により、センターの限られた 土地をより広くきれいに見せることが考慮されるようになりました。瞑想センターを始めから作るというこの仕事は、瞑想者たちのコミュニティーにとってやり がいのある仕事となりました。

 

最近数年間でセンターの施設は「磨き」がかけられ、改善されています。男性と女性それぞれのトイレ、シャワー棟が建てられ、快適に使用できる状態に まで整えられました。また道路に面した側に松の木を植え、緑を増やしプライベートな環境を作り出すなど造園計画は継続されています。

 

現在センターの設備はある程度の快適なレベルにまで到達しました。これからの目標は、長期コースを行うために、ゆとりのある宿泊施設を提供するこ と、新しいダンマホールの建設、そして個別のセルを作ることです。これはとりわけ外国に長期コースを坐りに行くことのできない人々に大きな恩恵をもたらす ものとなります。センターを拡張し、新しい施設のための場所を作るために「長期計画委員会」が設けられ、隣接する土地を購入することを真剣に検討していま す。

 

1989年9月にゴエンカ氏が来日され、ダンマバーヌの開始を期して古い生徒のための3日間コースを行われました。また、2年後に再訪され10日間 コースの前半を指導されました。初めの年には年間6回のコースが行われ、現在は1ヵ月に2度の割合で行われています。センターにやってくる生徒の割合は9 割が日本人、残りの1割は様々な国籍を持つ人々で占められています。全てのコースは日本語と英語の二か国語で行われています。

問い合わせ先

ダンマバーヌ
〒622-0324 | 京都府船井郡京丹波町 | 八田岩上奥2-1

電話: 0771-86-0765 | Fax: 0771-86-0460 | メール: info@bhanu.dhamma.org, registration@bhanu.dhamma.org